2011/03/08

ゲーデルは日本の地に降り立ったか?

ゲーデルのことを知ったのは、大学に入学してからのことでした。

当時、英語(というか、言語)に興味を持っていた私は、英語学や言語学関係の本を少しずつ読んでいたのですが、その中でヴィトゲンシュタインの言語哲学のことを知り、「不完全性定理」のことを知りました。(「知りました」と書きましたが、「わかって」はいません…。「言語哲学」も「不完全性定理」も。)

ヴィトゲンシュタインの有名な文句「語りえぬものは沈黙しなければならない」から、ゲーデルの「不完全性定理」。関連なくはないと思いますが、飛躍しています。

で、哲学よりは数学の方がわかりやすそうな気がしたので、吉永良正さんの『ゲーデル・不完全性定理』(講談社BLUEBACKS)を買って読み始めました。これがゲーデルとの最初の出会い(?)です。

クルト・ゲーデル(Kurt Gödel)はチェコ・スロバキア現在のチェコ共和国(当時、オーストリア・ハンガリー帝国)出身の論理数学者で、第2次世界大戦勃発後アメリカに亡命移住しています。アメリカでは、アインシュタインと親交が深かったようです。

そのゲーデルは、亡命時にアメリカに向かう途中、日本に立ち寄っています。

先日、ツイッターで少しやり取りをしたので、ちょっとまとめておきたいと思った次第です。



きっかけは、Poyo_Fさんのこのツイートから。

ゲーデルの伝記: http://www-history.mcs.st-and.ac.uk/Biographies/Godel.html の真ん中あたりによれば、1939年にUSビザを取るためにロシア経由で日本に旅行しなければいけなかったらしい。 #lsjless than a minute ago via web



ツイッター上でのやり取りは、こちらにまとめてみました。
togetter「ゲーデルは日本の地に降り立ったか?」

で、どうやらゲーデルの足取りを大まかに追うと、
ウィーン(1/18)→シベリア鉄道→満州
→横浜(2/2着、2/20発)→ハワイ→サンフランシスコ(3/4)
横浜には2週間以上滞在しています。

さて、船から一歩も出なかったか?
それとも日本の地に降り立ったか?

どちらでもいい(?)のですが、興味あることなのです(^-^;)

ゲーデル・不完全性定理

ゲーデル・不完全性定理
価格:1,092円(税込、送料別)

ブログ アーカイブ