2011/03/19

原子力発電について

地震により、福島第一原子力発電所が、現在全機運転停止中です。

動向は気になるところですが、私がどうこうしても事態を回復させることは、残念ながら無理です。今はプロの方々の活動を信じるしかありません。

ところで、私は原子力発電についてもあまり知りません。
  • 原子力発電とはどのような仕組みなのか?
  • 福島第一原子力発電所の現状はどのような状況で、現在どのようなことをしているのか?


ここではなく別サイトの方が詳しいし、正確だと思います。

この記事は、私の勉強ノートです。まずは原子力発電について。



【原子力発電の仕組み】
  • 原子炉の中で燃料のウランを核分裂させる。
  • 核分裂の際に発生する熱によって水を蒸気に変える。
  • 水蒸気の力でタービンを回し発電する。
  • 原子炉圧力容器の中では蒸気の温度は280度ほどの高温になり、70~80気圧という高い圧力が発生。
  • 高温高圧の蒸気で直接タービンを回し、同じ軸に取り付けられた発電機を回して発電。
  • 蒸気は「復水器」で海水によって冷やされると水に戻り、再び原子炉へ送られる。
  • 蒸気と冷却用の海水は別々の管路を通っていますので、直接触れたり混ざることはない。

【軽水炉について】
  • 現在、世界の原子力発電所は軽水炉が主流。
  • 軽水炉には、沸騰水型原子炉(BWR)と加圧水型原子炉(PWR)がある。
  • 沸騰水型原子炉(BWR)は原子炉で直接蒸気を発生させる。
  • 加圧水型原子炉(PWR)原子炉でつくった高温高圧の水を蒸気発生器と呼ばれる熱交換器に導いて、ここで蒸気を発生させる。
  • 東京電力ではこのうち、沸騰水型原子炉(BWR)を採用。

(画像は、東北電力「沸騰水型軽水炉(BWR)のしくみ」より)


【福島第一原子力発電所について】
  • 福島第一原子力発電所は東京電力の管轄。
  • 1号機から6号機までの全6機。
  • 1号機:定格出力46万kW
  • 2号機:定格出力78万4千kW
  • 3号機:定格出力78万4千kW
  • 4号機:定格出力78万4千kW
  • 5号機:定格出力78万4千kW
  • 6号機:定格出力110万kW
  • 地震発生時は、1~3号機は運転中、4~6号機は停止中。


参考サイトは以下

ブログ アーカイブ