2017/11/04

折り紙G

以前作った折り紙がでてきました。



以下の動画を参考に作ったものです。



つまりは“G”です。

新聞広告ではなく、A4コピー用紙で代用。

最後の方は紙が分厚くなって折りづらかったです。

次回作る場合は、薄手の黒い折り紙で作りたいと思います。

(おそらく、作りません。)

2017/09/19

謎肉祭はじまる

9月18日、今年も全国各地で謎肉祭がはじまった。スーパーやコンビニの陳列棚に「カップヌードル ビッグ 帰ってきた謎肉祭W」がところ狭しと並べられる。


謎肉祭は今年で2回目。昨年発売した「カップヌードルビッグ "謎肉祭" 肉盛りペッパーしょうゆ」は、「カップヌードルビッグ」の10倍の謎肉を入れた商品で、一時的に販売休止せざるを得ないほどの人気を集めた。今年の「カップヌードル ビッグ 帰ってきた謎肉祭W」では、10倍のボリューム感はそのままに、豚肉ベースの「謎肉」と鶏肉ベースの 「白い謎肉」が同時に楽しめる。

さらに今年は「謎肉」の謎が明かされる。謎を明かすことについては謎肉祭を主催する日清食品の社内では賛否両論があったようで、反対派の犯沢さんは「謎は謎のままそっとしてあげたほうがいいのではないか」と語った。

「カップヌードル ビッグ 帰ってきた謎肉祭 (なぞにくまつり) W」(9月18日発売)
【謎肉祭×コナンの“犯人”】謎肉の正体|日清食品

2017/08/27

切り方を変える

近所にコメダ珈琲があるのでときどき利用する。

だいたい注文するのはアイスコーヒー(もしくは、たっぷりアイスコーヒー)。
そして、小腹が空いているときにはコメチキを頼む。

コメチキ(おそらく「コメダのチキンフライ」の略)にはレモンが添えてある。
僕はレモンを絞ってコメチキにかけて食べる。

あるとき、近所のコメダとは別の店舗に行った。
小腹が空いていたのでアイスコーヒーとともにコメチキを頼んだ。

そのコメチキに添えられていたレモンは、輪切りにされていた。

いつも行く店のレモンはくし型に切ってある。
くし型に切られたレモンの両端を押さえてレモンを絞る。

さて輪切りのレモンをどう絞ろうかと少し考えてしまった。
しかたなく輪切りのレモンを四つ折りにして絞った。
少し絞りにくい。

コメチキに限らず、鶏のから揚げにレモンをかけるかどうかは好みによる。
僕の場合はかける派なので、くし型に切ってあった方が絞りやすく好ましい。

逆に、レモンがくし型切りにされていたら「レモンを絞ってかけて食べてください」とオススメされているとも感じる。
輪切りのレモンが添えられたコメチキは、レモンをかけずに食べることをオススメされていたのかもしれない。

コメダでアイスコーヒーを頼むと、「ガムシロップはどうされますか?」と聞いてくる。「レモンの切り方はどうされますか?」と聞いてもらってもいい。(冗談です。)


切り方を変える、切り口を変える。

同じモノゴトでも切り口が異なると印象が変わる。
その後の行動も変えられるかもしれない。


余談だが、くし型のレモンの絞り方について、皮の方を下にして絞ると風味が増すということをツイッターか何かで知った。僕は普段は果肉を下にして絞っている。
さっそくやってみようと思い、近所のコメダでコメチキを注文したときにやってみた。

果汁が飛び散った。
力加減を間違えたようだ。

2017/08/26

動画での本の紹介

動画で本の紹介をしていこうと思い、やってみた。

渡部昇一さんの『知的生活の方法』を読んで本を読む習慣がついたことは何度か書いたことがあると思うし、いろいろなところで話したりもしているので、話しやすいだろうと思い、第1回目はこの本を選んだ。



2017/08/12

帰省の規制

大阪から名古屋に引越して、少し不便に思うことのひとつが帰省である。実家は愛媛なので、大阪からに比べると、名古屋はさらに遠くなったということもあるが、それとは別に、指定席の予約が面倒になったことが大きい。

帰省には鉄道を使う。実家は愛媛の鬼北町で、宇和島市の隣である。名古屋から新幹線で岡山まで行き在来線に乗り換え、岡山から特急で松山まで、そして松山で特急を乗り換えて宇和島まで行く。

名古屋から宇和島まで、うまく乗り継いでいくと6時間強。ドアtoドアだと約7時間である。飛行機を使うと1時間ほど早くはなるが、料金が2倍ほどになり、飛行機の本数や荷物の制約などを考えると倍の値段を払うメリットが少ない。

なので帰省には陸路を使う。だいたい盆と正月に帰省するので、新幹線や特急の指定席を取りたい。盆と正月以外なら自由席でも座ることができるだろうが、盆・正月は帰省ラッシュの時期であるため自由席は座れないだろう。岡山、松山は特急の始発駅であるため早く並べば座れるが、暑い中(あるいは寒い中)並ぶのは避けたい。また6時間も立って移動することも避けたい。

大阪に住んでいたときも同じように新幹線と特急を乗り継いで帰省していた。インターネットから新幹線と特急の指定席を予約し、帰省の当日に往復乗車券の購入と予約した指定席の特急を受け取っていた。予約には、JRおでかけネットの「e5489」サービスを利用していた。

ところが、「e5489」サービスはJR西日本が提供しているインターネット予約サービスであり、JR東海の管轄である名古屋では切符の受け取りができない。

インターネットではなく、みどりの窓口に行けば予約購入はできるだろうが、そのために出かけるのも億劫だし、何かのついでに考えていると忘れてしまう。もし変更があった場合も窓口に行かなければならない。

JR西日本、JR四国の指定席の予約ができて、JR東海圏内の駅で受け取ることができるサイトをざっと探してみたが見つからない。旅行会社のサイトを探してみた方がよかったかと思うが、まだ探していない。

そんな理由で、名古屋に移ってからは次のように指定席を予約している。岡山から宇和島まではこれまでのようにJRおでかけネットで、そして新幹線はEX予約で予約する。

そして、岡山で予約した特急券を受け取る。