2011/03/15

地震が自信になる日がきっと来る!

3月11日(金)14:46、三陸沖を震源地とする日本国内の観測史上最大の地震が発生しました。「東北関東大震災」です。

震災で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。まだ心配なこと、困っていること多々あるかと思いますが、まずはご自身の身の安全を第一に。一日でも早い復旧・復興をお祈り申し上げます。less than a minute ago via ついっぷる/twipple



地震発生当時、私は仕事の昼休み中で、川沿いの喫茶店で食事をすませ、携帯電話でツイッターを眺めていた最中でした。

最初は、前日あまり寝ていなかったこともあり、目眩が起きたのかと思いました。そのうち周りがザワつき始め、地震と気付いた次第です。ツイッターを眺めていた最中であったため、すぐにツイートを送信しました。

揺れてる?大阪less than a minute ago via Keitai Web


その時、ツイッターの威力がすごいと感じました。

自分がツイートしたものと並んで、タイムラインには地震関連のツイートがずらりと並びました。

その中には、三陸沖でM8以上の地震が発生したとのツイートが。

阪神淡路大震災でのマグニチュードも8まではなかったと覚えていましたので、かなりの大地震が起こってしまったと感じ、職場へ戻りました。



私の勤めるコールセンターの窓口は複数の拠点に分かれていて、東京にも拠点がありました。

半年前まで、勤めていたところです。

職場に戻り、東京の状況を確認したところ、怪我人はいないものの、パソコンの電源が落ちたり、電話が途中で切れてしまったり、物が倒れそうになったりと…直接聞いてはいないですが、混乱していた模様です。

そのうち、東京拠点では、ビルからの避難勧告が出されました。


私の勤めるコールセンターでも少しずつ混乱が始まりました。

東京拠点でのみ受け持っている窓口を大阪拠点に着信するように設定する暫定対応。

普段受け持っていない入電があることでのオペレーターさんの不安・混乱。

さすがに電話の入電数は普段より少ないのですが、とはいえバタバタが始まりました。


次の日(土曜日)はどうするのか。

日曜日は東京しかオープンしていないので急きょ大阪オープンが決定。

オペレーターさんで出社できる人の募集。

担当者へのエスカレーションもできない。


今まで経験したことのない様々な事柄が発生し、それに対応していかなければなりませんでした。


家に帰りテレビを見ると、被害は想像を超えていました。

というより、夜になっても被害の状況が全体像がわからない状態でした。



今、少しずつ状況がわかり始めています。

亡くなられた方が判明する一方で、助かった方、安否確認ができた方も増えてきています。

テレビでは、あまりいいニュースは流れませんが、ネット上では、世界中から励ましと応援の言葉があふれています。


今はまだ大変なこと、困難なこと、苦しいことがあります。

しかし、この地震から立ち上がり、復旧・復興する日は必ず来る!

日本全国が一つになってそれを願っている!

世界中からもメッセージが届いている!


この地震を乗り越えたとき、それはきっと自信になる。

そう思って、私も今、何ができるのか考えながら行動していきます。

ブログ アーカイブ