2011/04/17

アイデアのアナグラム

先日、書店で原尻淳一さんの『アイデアを形にして伝える技術』を見かけ購入しました。

原尻さんは『IDEA HACKS!』(小山龍介さんとの共著)をはじめとする「HACKSシリーズ」の著者です。

発想法の類の本は読むのが好きです。
自分自身の発想力はワキに置いて。。。

その『アイデアを形にして伝える技術』の中に、次のような言葉がありました。
最近、面白いことに気づきました。出会いをローマ字表記するとDEAIとなるのですが、DEAIのIを先頭に持ってくるとIDEA(=アイデア)になる。出会いを通じて、ちょっとだけ「わたし」を意識するとアイデアが生まれる、というわけです。
(原尻淳一『アイデアを形にして伝える技術』)

このような言葉遊びも好きです。上記のような意味と形式が上手く結びついたものは特に。

そこで、「アイデア(IDEA)」という言葉から何かアイデアが出てこないか、と考えてみました。



まずは、「IDEA」のアナグラムです。

アナグラムというのは、文字の順番を変えると他の意味になるような言葉遊びです。先述の「IDEA」と「DEAI(出会い)」のような関係です。「IDEA」は4文字の単語なので、文字の並べ方は以下の24通り(アルファベット順)です。
  1. ADEI
  2. ADIE
  3. AEDI
  4. AEID
  5. AIDE
  6. AIED
  7. DAEI
  8. DAIE
  9. DEAI(出会い)
  10. DEIA
  11. DIAE
  12. DIEA
  13. EADI
  14. EAID
  15. EDAI
  16. EDIA
  17. EIAD
  18. EIDA
  19. IADE
  20. IAED
  21. IDAE
  22. IDEA(アイデア)
  23. IEAD
  24. IEDA
5.の「AIDE」がスペルチェックに引っかからなかったので辞書で調べてみると、「補佐官、側近」という意味がありました。「アイデアは補佐官の中にある」とも言えそうですね。

全ての単語(?)で検索をかけてみようと思いましたが、面倒なので略。

パッと見ではこれらからは何も思いつきませんでした…。


次に日本語でのアナグラムを見てみます。こちらも4文字なので24通り(50音順)。ですが、「ア」が2つあるので12通りです。
  1. アアイデ
  2. アアデイ
  3. アイアデ
  4. アイデア
  5. アデアイ
  6. アデイア
  7. イアアデ
  8. イアデア
  9. イデアア
  10. デアアイ
  11. デアイア
  12. デイアア
う~ん、何も浮かびません。

皆さんは、何か浮かびましたか?

【送料無料】アイデアを形にして伝える技術
【送料無料】アイデアを形にして伝える技術
価格:756円(税込、送料別)

ブログ アーカイブ