2012/04/01

暮らしのなかの発見と工夫

最近の当たりの本は松浦弥太郎さんの『今日もていねいに。』(PHP文庫)。

エッセイ集はあまり読んだこともなく、また(失礼ながら)松浦弥太郎さんの名前も存じ上げず。

それでもタイトルや装丁が良かったので奥付を確認して購入決定。


この本が、私にとっては、とてもよかった。

愛読書のひとつとなりそうです。


この本には副題がついています。

「暮らしのなかの工夫と発見ノート」というものです。

日々の暮らしのなかでの小さな工夫・小さな発見。

最近よく見かける「ライフハック」とはちょっと違っていました。


私の「ライフハック」の大まかなイメージは、何らかの道具やアイテムをうまく活用する方法のようなもの。

しかし『今日もていねいに。』でつづられる「暮らしのなかの工夫と発見」は、考え方や動作・行動の工夫・発見。


抽象的になってしまいますが、「ライフハック」は外側の工夫・発見、「暮らしのなかの工夫と発見」は内側の工夫・発見。


この『今日もていねいに。』のなかでも、特に、素敵だな、と思ったのが「木が香る地図」の話です。

最寄駅から自宅までを道案内をする場合、私もそうですが、目立つ建物や店、信号やポスト、あるいは3つ目の交差点などを目印として案内します。

しかし、道案内のとき、
「桜並木をしばらくまっすぐ行くと、小さい花壇がありますから、そこを右へ」
「大きな菩提樹の木が目印です」
など、
見慣れた風景をとっくり観察し、街路樹、知らない家のベランダの花といった、ごくささやかな自然をていねいにすくいあげ、木が香る地図をつくるのです。


なんと素敵な道案内。

そして、私には今のところ、できません…。


このような、暮らしのなかでのささやかな工夫。

小さな発見、小さなよろこび。


取り入れていきたいです。

ブログ アーカイブ