2011/04/19

成長の見える化を目指して

仕事上での現在の私のテーマは「人材育成」と「見える化」です。

「人材育成」については、自分自身の成長もさることながら、実際に窓口で電話応対をしているオペレーターさんたちや他のSVたちの成長をサポートしていきたいということ。

「見える化」は、業務の流れや様々な情報、自分や他の方々の頭の中にある知識やアイデアを「見える」ようにし共有を図りたいということ。

そして、この2つのテーマからは、当然のことながら「成長の見える化」が中心となります。

自分の成長、他人の成長をどのように見える化していくか?

そのひとつで、単純なものが、言語化です。

成長を言語化する。言葉に出す。


そのためには、「変化」にアンテナを張っておかなければなりません。「以前はこうだったけど、今回はこうだったね。」


ここからは余談ですが、私は外見上の変化にあまり気づきません…。

例えば、コールセンターには女性の方が多いのですが、ときどき「髪型変えた?」とかの話題が出てくることがあります。

その話を横で聞いていると、私は「よく気付くなぁ」と感心してしまいます。

髪型とか、服装とか、私はほとんど覚えていません。


以前、ロングヘアーだった女性が、ショートヘアーにしたときも、周りでは「髪、切った?」とか、「何かあった?」とか話題が上りました。私は「何か印象が変わったな」ということしかわからず、髪が短くなっているのに気づきませんでした…。


そんな話を同僚にしたところ、「それなら、『何か印象が変わったね』って言ったらいいんじゃない」と言われました。

なるほど。


言語化のレベル、「見える化」のレベルはさておき、「見える化」を行うのはそれほど難しいことではなさそうです。

ブログ アーカイブ