2013/02/25

わもんな言葉31-野生

「わもんな言葉」へようこそ!

今回はサノトモが自由に語ります!


さて、やぶちゃんからお題がきております。

お題は「野生」

ヤブログ放送室『わもんの現場』で述べられていることではなく、サノトモの切り口で、サノトモの言葉で語ってほしい、とのリクエストです。


サノトモの切り口となると、まずは言葉から、となります。


「やせい」という漢字は2種類あります。

「野性」と「野生」

ここでは後者の漢字の方です。

野に生きると書いて「野生」です。


「野生」ということ考えると、野生動物、野生植物という言葉(カテゴリ)がありますが、野生の人とはどんな人でしょうか?

誰しも、どこかしらの野(フィールド)で生きています。

そこは、自分が選んだ場所かもしれませんし、やむを得ずいる場所かもしれません。


自分のいるその場で、自分のできることをして生きている人、それを「野生」というのかもしれません。


「草莽崛起」とは吉田松陰の言葉。

「在野の人よ、立ち上がれ」という意味です。


本日、第3回わもん黒帯特典シークレット講座に参加してきました。

テーマは「天職と使命」


勝手に思っていることですが、「生きる」というのは「いき・きる」から来ていると思っています。

残りの命を使って、どこに向かって行くか?


今いる場所で立ち上がり、死んだときに「生ききった」と思えるような生き方を!


わもん -聞けば叶う
わもん -聞けば叶う