2013/02/05

わもんな言葉27-ハト

先日、「未来への羅針盤~源泉わもん~in大阪1DAY集中講座」に参加し、「わもんな言葉26-源泉わもん」という記事を書きました。

実は、ハトが仕込まれています。


ハトとは何か?

ハトは鳩です。


詳しくは、やぶちゃん生中継「やぶはらニュース(2013年1月18日付)」をご覧ください。


Video streaming by Ustream

手品(マジック)では、袖から、内ポケットから、ハンカチから、と、様々なところから、意外なところからハトが出てきます。

マジシャンはいつどのようにハトを仕込んだのか?


今まで、本の引用を中心に「わもんな言葉」を書いていたことが多かったのですが、『聴和坐』に参加して「聴和坐」、そして「聴和」という2つの記事を書きました。


「源泉わもん」に参加している当日、やぶちゃんに言われます。

「本の引用ではなく、参加したその余韻で感想みたいに書くのもいいね」

「わもんな言葉は、週1くらいでほしいね」

笑ってやり過ごしますが、ハトが仕込まれます。


――今日、源泉わもんに参加しているな。

――前回の記事から1週間くらいたつな。

あぁ、今回の「源泉わもん」に参加した余韻で――。


と、まあ、こんな感じです(笑)


手品やマジックにはタネがあります。

詳しくは知りませんが、魅せるマジシャンは、おそらく、いろいろなところにタネを仕込んでいて、お客さんの反応や出方によって使い分けているのだと思います。

こうされたら、このタネで、ああされたら、あのタネで、と。

今回は使われないタネもあるかもしれません。


ハトを仕込んでも、そのハトに今回は出番がないかもしれません。

しかし、それはそれでいいのです。


仕込まれたハトも、慌てる必要はありません。

むしろ、おとなしくして暴れない方が、ネタはばれないでしょうし。

自分のペースでも、マジシャンが上手くさばいてくれるでしょう。


書いていると、何だか自分が仕込まれているような気がしてきました(^-^;)


わもん -聞けば叶う
わもん -聞けば叶う