2012/03/04

フルマラソン挑戦

本日(3/4)、フルマラソンに挑戦してきました。初のフルマラソンです。

フルマラソン完走は、個人的な目標のひとつ。挑戦です。


が、結果は残念ながらリタイア…。さすがに甘くはありませんでした。


今日の大会は、「第34回大阪42.195kmフルマラソン大会」。長居公園での開催です。

長居公園の周回コースを15周。

1周2,813mを15周で42.195kmです。


フルマラソンを走ったことがないので、どのくらいのペースで走れるのかもわかりません。

とりあえず、普段は時速11kmで1時間走っているので、まあそれよりかは遅くなるだろう、そして、心徒塾の仲間であるくろちゃんが先日初マラソン完走をしたタイムが4時間37分くらいだったので、1周18分から19分くらいで走れるかどうか試してみようと思っていました。

1周18分で走ると4時間半、19分だと4時間45分です(ゼッケンが送られてきた封筒に目安タイムの表が載っていました)。


さて、スタート。

相変わらず自分のペースがあまりわからないので、普通に走ってみて同じようなペースの人の後ろについていく、という走り方。

小雨の降るなかのレースで、雨対策をされていた経験豊富そうなおじさんの後ろについていきました。


1周目のタイムは…、15分!

「早い」と思いましたが、「いける」とも思ってしまいました。


同じペースで、2週目・3周目と走っていきます。

1周15分で走っていきます。


6周目くらいのとき、ふと頭によぎります。「1周15分でいくと、8周で2時間。ハーフなら2時間切りのペース。フルなら…4時間切り!」

このときはまだ快調に走っていましたので、欲が出てしまいます。今までの大会での経験上(といっても、それほど数をこなしているわけではありませんし、最長でハーフマラソンですが…)、欲が出たら失敗しているにもかかわらず。


案の定、8周目はペースダウン。

ふくらはぎが張ってきました。


そして、あっという間に、ふくらはぎがいうことを聞かなくなりました…。


「脚が前に出ない」「いうことを聞かない」ということを初めて実体験として経験しました。


9周目から走ることができず、歩きはじめました…。そして12周目でリタイア…。

晴れていれば、歩いてでも完走(完歩?)を目指したと思うのですが、小雨の降るなか、歩いているだけでは「寒い!」(ちなみに半袖Tシャツ・ハーフパンツ姿)

しばらく歩いていれば持ち直すこともできるかも、と思っていましたが、持ち直すことはできず、寒く雨降る中で歩いていては風邪をひくと思い、リタイアを決意しました。


結果としては、リタイアとなり残念な結果となりましたが、収穫もあり、課題もでき、これはこれでいい結果となりました。


収穫としては、「ハーフマラソンの2時間切りに自信がついた」こと。

実は強行日程で、今月20日にハーフマラソンの予定を入れています(「第2回淀川国際ハーフマラソン」)。

この大会は昨年第1回が行われたわけですが、その第1回目がマラソンの初の大会参加なので(「淀川国際ハーフマラソンの記録」)、出たいと思っていました。

今日のフルマラソンの影響がどれだけ残るかは心配ですが、次のハーフマラソンでの2時間切りが見えてきました。


課題としては、やはり(いままでもそうなのですが)「ペース配分」。

今回、初のフルマラソンでしたのでペースを適当に考えていました。同じスピードでどれだけ長く走れるか、を知らなければなりませんね。


また、「ふくらはぎの筋力増加」も課題です。

自分の中で一番筋力に自信があるのが「ふくらはぎ」なのですが、それでは足りないということがわかりました。このことは、前回のハーフマラソンのときも同じような状況だったのでそのときに気付いてもよかったのですが、前回のハーフのときは、ひざの痛みの方が強かったため見過ごしていました(「『大阪・淀川市民マラソン大会』参加」)。

今回は、終わったときにはひざの痛みも出てきましたが、ハーフの距離では出てこなかったので◎。


あとは、「雨対策」。全くしておりませんでした…。


今はハーフの距離ならばいける。フルマラソン完走には筋力が必要。

フルマラソンでは、「気力」「精神力」がものをいうと思っていましたが、「気力」「精神力」の方は大丈夫そうです。


現在は、次のフルマラソンをどこにするか、思案中です。

大阪マラソンが抽選でないならば、そこに照準を合わせるのですけどね(^-^;)

ブログ アーカイブ