2012/02/06

誰しもがトップランナー

基本的に「誰かができることは自分もやればできる」と私は思っています。

もちろん、「じゃあ、これをやってみて」と言われてすぐにできるわけではありません。

しかし、可能性は持っていると思っています。


例えば、「100メートルを9秒以内で走ることができるか?」と問われれば、もちろん今は走れません。

しかし、努力して練習して、世界一速く走るという気持ちを100%持てば、ボルトの記録さえ破ることができると考えています。

「だったら、やればいいじゃないか」「やってみろよ」と言われそうですが、今のところ、その気はありません。

100メートルを9秒以内で走るよりは、フルマラソンを完走したいと思いますし、今からがんばってもボルト以上の練習・努力はできませんし、したいとも思っていません。


トップランナーで走り続ける人は誰しも、人一倍努力して、考えて、行動されてきた方々です。トップランナーを追い越せるのは、それ以上に努力し、考え、行動した人。


トップランナーとして走り続けることは、たやすいことではありません。

誰かを追い抜くことも、たやすいことではありません。


ある一面でトップに立つことは難しい。

しかし、誰しもがトップランナーでありうるものがあります。


それは、「自分らしさ」。

自分自身は「自分らしさ」のトップランナーです。


誰一人として同じ人がいないように、「自分らしさ」は人それぞれ。


「自分らしさ」がどんなものか。「自分らしさ」のトップランナーであり続けるにはどうすればいいか。

人一倍努力して、考え、行動すれば、誰しもがトップランナーであり続けます。