2011/09/18

イライラは戻ってくる

久々に、仕事でちょっとイライラしてしまいました。

できるだけ、表には出さないように努めてはいましたが、絶対に出てしまっています。

相手の方、ごめんなさい。

イライラしても何の得にもならないのは頭ではわかっているのですが…。

イライラは、必ず自分に返ってきます。大きくなって。


今日は、朝9時半から夜9時半の1日仕事でした。昨日は休み。

まずは、出社後すぐに、一昨日のミスに気が付きました。やるべきことをやっていなかった自分自身のミス。言い訳できません。

起きてしまったミスは元に戻すことはできませんので、同じミスを繰り返さないようにしなければ、と考えます。

まずは今日やるべきことの洗い出し。Todoリストを作るように次々洗い出していきます。

そして、それらをこなしていきます。終わったらチェック。

窓口への電話が落ち着いていたこともあり、自分自身の今日やらなければならないと思っていたことはできました。


夜9時半前。帰る準備を始めようとしたときです。

Aさんの仕事が終わっていないことを知りました。

10時には終わりそうにないと言います。


手伝いました。というより、奪ってしまいました。イライラがにじみ出ていたと思います…。


イライラの矛先は、最初はAさんに向かっていました。

「時間通りに終わりそうにないなら、もっと早く言ってほしい」と。

しかし、矛先は次第に自分の方に向かってきます。

Aさんの残っていた仕事の半分は私が指示したものです。奪い取ってしまったのはもともと私の指示した仕事。

「頼まなければよかった。」「頼むときに確認すればよかった。」と、イライラの矛先は自分に向かってきました。

そして、「何で自分は確認しなかったのだ。」「途中で様子を見ることも、見る余裕もあっただろう」と、過去の自分がイライラの対象に。


さらには、Aさんも、きまりが悪そうな、不機嫌そうな雰囲気に。Aさんからのイライラが伝わってきます。


自分が発したイライラは、自分の分とAさんの分とが合わさって大きくなって返ってきました。


自戒を込めて、まずはこの場に書き記しておきます。


そして、来週Aさんと会ったときには、謝りたいと思います。