2014/11/20

わもんな言葉99-素を聞き直にする

今年2014年10月、やぶちゃんが聖(ひじり)認定となりました。

「第2回輝くあなたに逢うわもん会in伊勢」でのことです。

今年は上田比呂志さんをお迎えし、「ひとりひとりの心の中の天岩戸を開く」と題されて開催されました。


その2日目、神宮での正式参拝の際、上田比呂志さんに言葉が降りてきます。

やぶちゃんに伝えてほしいという言葉で、やぶちゃんにはお役目として、「素(そ)を聞き、直(ちょく)にする」という役割があるということです。


そして最近、偶然、吉田松陰の『講孟箚記』を読みなおしたところ、「序」の中に以下の文言がありました。
然れども天下の人、方且に富貴に淫せられ貧賤に移され、安楽に耽り艱難に苦しみ、以て其の素を失ひて自ら抜く能はざらんとす。宜なるかな、其の道を見て以て高く且美しくして及ぶ可からずと為すや。


其の素を失ひて自ら抜く能はざらんとす。

「平素の心がけを失い、そのような混乱から抜け出ることができないでいる。」と訳されています。


「素」というのは平素の「素」でもありますが、手元の漢和辞典を引くと次の意味が載っていました(名詞的意味のみ抜粋)。
①より糸にする前のもとの繊維。蚕から引き出した絹の原糸。
②人工を加えたり、結合したりする前の、もととなるもの。
③人工を加えない本質。生地のままのさま。飾り気のないさま。

松陰は、天下の人々が、富貴貧賤・安楽艱難に染められ、素を失ってしまい、抜け出ることができないでいることを嘆いています。

道というものは、高く美しいものではあるが、身近で簡単なものであるのに、と。


『講孟箚記』とは、吉田松陰の『孟子』の講義録。

『孟子』の一節を思い出します。
己を枉ぐる者にして、未だ能く人を直くする者はあらざるなり。
己(おのれ)を曲げる者で、人を真っ直ぐにする者は未だいない。


素を聞き、直にする。

やぶちゃんにふさわしい役割です。

講孟箚記(上) (講談社学術文庫)
講孟箚記(上) (講談社学術文庫)

聞けば叶う〜わもん入門
聞けば叶う〜わもん入門