2012/05/20

雑記

とある定食屋さんでとんかつ定食を注文しました。

ご飯とみそ汁、お新香、そしてとんかつと生野菜。

私にとってはまともな食事(^-^;)


そして、ソースが2種類。

ひとつは、普通のとんかつソース(普通のとんかつソースとはどんなソースか、は問わないでください)。

もうひとつは、たぶんそのとんかつソースにからしを混ぜたもの。


「ん!?」と思ったのは、その2種類のソースが小鉢に入って出てきたことです。


2種類の味が楽しめるのはうれしいことですが、どう考えてもソースが余ります。

「使いたい分だけ使えるようにした方がいいのではないか?」と考えてしまいました。

ちょっともったいない。


そんなことを考えつつ食べていると、生野菜の陰にからしが盛ってありました。

今度は、「ソース2種類もいらないんじゃないか…」と。


結局、ソースもからしも余らして食事終了。

味は、おいしかったのですけれども。


話は変わって、いつの頃からかは知りませんが、コンビニのサラダはドレッシングが別売りになりました。

家で弁当を食べるときなどは、冷蔵庫にドレッシングがあるので、別売りの方がいい。


弁当を買うと、その弁当にマヨネーズやソースが小袋でついてくることがありますが、そういうものも別売りにしてもいいような気がします。

あるいは欲しい人だけ持っていけるサービスにした方がいいかも。


割りばしやストローも、欲しい人だけにした方がいいと思うのですが、コンビニで弁当を買ったりすると無条件についてきます。

店員によっては、「必要ですか?」と聞いてくれる人もいますけれど。


しかし、1リットルの牛乳を買ったときに、ストローはいらない…(^-^;)


コンビニでとんかつ弁当を買ったとき、からしがついてきますが、私にとってはからしはいりません。

しかし、ついているものを使わないのもどうかと思うし、とっておいても使い道がないので、全部使います。

貧乏性ですかね。


必要なものが必要な分だけ、過不足なくあることが生活の理想ですが、なかなか難しいです。