2011/07/10

シャー・イン族連続消滅事件

シャー・イン族の人々が次々と消えていく。

スターはそんな噂をシャー・イン族の友人から聞いた。

スターもシャー・イン族の一人。そして、

スターはその現場を目の当たりにする!

そして、現場を目の当たりにした人物がもう一人。

ウワヤック族のイアンだ。


ウワヤック族とシャー・イン族は、もともと、ともに暮らし生活してきた。

シャー・イン族は山で資源を集めてくる。ウワヤック族は山の麓で土地を耕し食料をつくる。そして資源と食料を交換する。

役割を分担し、ともに生活してきたのだ。

しかし、いつの間にか思惑がずれてくる。

ウワヤック族はもっと資源が欲しいのだが、シャー・イン族が集めてくる資源は期待ほどはない。

そんな中、シャー・イン族の人々が消えていく。知らず知らず。


事件の現場を目の当たりにしたシャー・イン族のスターとウワヤック族のイアンはそれぞれ行動を開始する。

そして、2人が出会ったとき、事件は解決へと動き出す…。



この話は、Facebookページ「ビジネス書の杜」で紹介されていて興味をもった、エイドリアン・ゴスティック/チェスター・エルトン(著)『「透明社員」を使え!』という本に描かれていました。

現代のミステリーであり寓話です。

目の当たりにしたことはないですが、噂は聞いたことがあります。

シャー・イン族消滅事件。

このような悲しい事件は目の当たりにしたくありません。


スターやイアンの活躍と同じようなことは、私にもできるし、あなたにもできます。

Facebookページ「ビジネス書の杜」:部下を見える化しよう!


原文では「シャー・イン族」「ウワヤック族」はどんな英語なんでしょうか? 古賀祥子さんの訳語も光っています。

【送料無料】「透明社員」を使え!

【送料無料】「透明社員」を使え!
価格:1,575円(税込、送料別)

ブログ アーカイブ