2013/05/25

わもんな言葉41-聞くライブ

「聞くライブ」とはどのようなものか。

言葉での説明では魅力が伝わらないので、一度は参加されることをオススメします。


基本的には、講演者(?)であるやぶちゃんが会場の誰かを指名し、その人の話を聞く。

言葉にするとそれだけなのですが、下手な講演会を聞くよりは数十倍も心に残ります。


当然のことながら、指名された人がどのような話をするのかは予想できません。

筋書き・シナリオ一切なし。

しかし、終わった頃には、何かシナリオがあったかのような印象です。


以下は、ジョセフ・ジャウォースキー『シンクロニシティ』より。

終りの方の一節です。
そう言うと、クレアは沈黙した。私たちはみな、350人の人々はみな、広い会場のなかでただ座っていた。何の音もしなかった。誰一人、何一つ、動くものもなかった。しかし、今起きていることのパワーが空間に満ちあふれていた。これほど心をゆさぶられる瞬間が、今までの人生のなかで何度あっただろう。私は、父の魂が私たちとともにいるのを強く感じた。大勢の人々の集まっているその会場のなかにあって、私たち全員のあいだに、親密さを、連帯感を、つながりを感じた。
『シンクロニシティ』のこの箇所を読んで、「聞くライブ」を思い起こしました。


「シンクロニシティ」というのは、日本語では「共時性」と訳されます。

会場全体で時を共にする「聞くライブ」

是非体験してみてください。


近日中に行なわれる「聞くライブ」については、下記リンク先よりご確認ください。
やぶちゃんねる「講演会&セミナー日程表」


シンクロニシティ[増補改訂版]――未来をつくるリーダーシップ
シンクロニシティ[増補改訂版]――未来をつくるリーダーシップ

聞けば叶う〜わもん入門
聞けば叶う〜わもん入門