2012/10/31

堂々巡り

最近ブログを書いていないな、と思い書こうとするも、特に書きたいことがあるわけでもなく適当に筆を進めていこうと思っていたら、パソコンで書くなら「筆を進める」というのは表現としてどうなのだろうかと思い初めて時間が立ってしまっている間も頭の中ではぐるぐると色々な言葉が動きはじめ、ひとつの文章が長くなっているなと思ったところで、どうせならば句読点なしでひとつブログを書いてみようとしたら、読点は既に使われていて、少しがっかりした気持ちになったが、まだ句点は使っていないので行けるところまで行ってみようとしたら、また言葉が気になって、このブログはどこに行こうとしているのだろうかと考えはじめてしまったが、そんなことを考えてもあまり意味がないと思われるので、その点は思考を中断して別の道を考えようとしたが、道はどこにあるのかと書いたところ、「道」という漢字を変換するときに「未知」という漢字が出てきて、「道」は「未知」なのか、と新たな発見をしたように思われるが、単なるダジャレであり、特に奥行きが感じられないと少しがっかりしてしまったが、まだ句点は使っていないと気を取り直してキーボードを打っているという、あまりわけのわからないことを書いていると、以前読んだ本の中に、たしかシュルレアリスム関係の本だったと思うが、「自動筆記」という手法のことを思い出しながら、これは自動筆記なのかと考えてみるものの、キーボードを打つ手はそれほど速いわけでもなく、それ以上に頭の中で考えていることは早いと思うので、自動筆記とは言えないなと思いつつも、まだまだ言葉は続いていくような気がして、なかなか面白いと自分では思うものの、他の人が読んだならば、「何だ、この変な記事は?」となるのが目に見えていて、いや実際には見えないけれど、何となく自分が何をしているのかわからなくなっている、とはいうものの、普段する行動を自分がすべて自覚して意識してやっているのかと問われれば、惰性で動いているときも多々あるだろうと思われて、もう少し「今、ここ、自分」に集中すべきではないかとも思い、こうやって変な文章を書いているのは、果たして集中しているのかどうかわからないような気持ちが湧きあがってきたところで、そろそろ10月が終わり、11月に入る時間になってきたので、どこで終わりにしようか考えたが、さっき行けるところまで行ってみようと言ったわりには、ここが終点とは思われず、またオチもなくつまらない記事になりそうだ、と思う今日この頃。