2014/10/08

わもんな言葉91-リングトーニング

最近、例えば、黒帯心徒塾での午後からの離我トレーニングの前などに「リングトーニング」ということをやっています。

数名で手をつなぎ輪になって、まずはその中の一人が自分が最も美しいと思う音(声)を出します。

残りの人は、その音に合わせて音を出します。

これを輪になった全員が一人一人音を出していき一周します。


9月5日京都で開催された「一人一天命プログラム」で誕生し、そこに参加されていた本間先生が後に「リングトーニング」と名付けました。

グラス・ハープを連想されたとのことです。


私も「一人一天命プログラム」に参加をしていて、そのときの様子をみており、漠然と名前をつけたいと思っておりました。

出てきていたのは、音を合わせているということから、「○○シンフォニー」というのがいいかなという程度です。

シンフォニー(Symphony)という単語は、syn-(~とともに)と、phone(音)からできた単語だからです。


その後、思考が飛びます。

そういえば、ミーティングのことを「打ち合わせ」というな、と。

「打ち合わせ」という言葉は、雅楽を演奏する前に、打楽器を打ってリズムを合わせることから、物事がうまくいくように事前に相談することを「打ち合わせ」というようになったと聞いたことがあります。

「打ち合わせ」がリズムを合わせるならば、音を合わせるのは何だろうか、と考えていました。

「調律」「調音」「チューニング」などが出てきましたが、どれもしっくり来ず。

そんな中で、「リングトーニング(Ring toning)」というネーミングを聞きました。


音を合わせて、リズムを合わせる。

打ち合わせの前に、リングトーニングをすると効果があると思います。


わもん -聞けば叶う
わもん -聞けば叶う