2014/05/02

わもんな言葉75-次元

「やぶちゃんの聞き方は次元が違う」という話を聞きました。

正直、「そこまで違うかな」と少し違和感を持ちました。

それはたぶん、「ものさし」が違うからだと思います。


やぶちゃんの聞き方は確かにすごい。

音を聞き分け、的確な言葉と音を返し、入れる。

話し手に瞬時に飛び込み、潜る。

私にはまだできないことです。

しかし、普通の聞き方の延長線上にある聞き方であると思っています。

まだ遠くなのかもしれませんが、聞き方を深めていけば誰しもが行ける、そんな風に思っています。


あらためて辞書で調べると、「次元」の項に2つの意味が載っていました。

ひとつは数学的な意味での「次元」。

ものの広がりを決める、一番基本的な方向(の数)。

もうひとつは、(段階によって違う)物の見方や立場、という意味です。


私の場合は、「次元」というと前者の意味に取っています。

次元は同じだけれども、深さが違う。

やぶちゃんの聞き方をこんな風に思っています。

言葉は違いますが、同じことです。


話し手の「ものさし」を取りこむのに少し時間がかかったようです。


聞けば叶う〜わもん入門
聞けば叶う〜わもん入門