2014/02/07

わもんな言葉65-テンション

テニスのラケットには網が張っています。

それをガットといいます。

で、そのガットを張る強さのことを「テンション」といいます。

ガットを張るときには、テンションを指定して張ることになります。

テンションを高くして張るとガットは固くなり、低くすると柔らかく、テニスプレーヤーは、自分のプレースタイルによってテンションを選んでいます。

プロテニスプレーヤーがラケットを数本用意しているのは、ガットが切れたときの備えもありますが、異なるテンションのラケットを数本用意しておいて、相手のプレースタイルに合わせるためでもあります。


ガットを固く張ると、ボールを打ったときすぐに反発します。

スピードのあるショットを打つときに有効です。

逆に、ガットを柔らかく張ると、ボールとガットの接触時間が長くなるので、回転をつけるのに有効です。


私の場合、テンションは低めに張っていました。

スピードショットはあまり求めていませんでしたし、テンションが高いとガットが切れやすいからです。


さて、話は変わって「壁打ちわもん」

テンションを高くしていくか、テンションを低めにしていくか。

今までの経験上、自分のいつもよりは若干高めに張っておいた方がいいと思いますが、やはり、相手に合わせて、ですね。


聞けば叶う〜わもん入門
聞けば叶う〜わもん入門